• ビジネスシステムの革命

リンクするツール

手元アップ

解析を行うハードル

DMPという言葉がインターネット上やマーケティング分野において見受けられることが増えてきて、その重要性をなんとなく察するようになった担当者も少なくありません。
ですが、その重要性に気付いた担当者が頭を抱えるのが、ウェブサイトの解析を行うためのハードルです。
一般的に販売されているDMPのシステムは、とても簡単に手を出せるような提供価格ではありません。
数百万、ときには一千万年を超えるような価格で取引されるシステムを導入するのは、いくら重要だと思っても簡単なことではありません。
提供しているウェブサイトの解析を行うハードルが一向に下がらないのは、この点にあります。
そこで検討することができるのが、Googleが開発したウェブサイト解析ツールと、その拡張ツールとして無料で提供されているDMPのシステムです。
この2つをウェブサイトに導入すれば、費用的な心配をすることなく気軽にウェブマーケティングを強化することができます。

活用を簡単にする

Googleが開発したウェブサイト解析ツールを、Google Analyticsと呼びます。
このツールは現在ではウェブサイトのアクセス解析ツールとして定番となっていて、無料で利用できることから多くのウェブサイト管理者が導入するようになりました。
ですが、Google Analyticsから収集できるデータを完全に活用できている人がどれだけいるかと考えれば、多くはないことが想像に難くありません。
とてもたくさんの情報を解析できてウェブサイトを丸裸にできる反面、そこから得られた情報を分析するには個人のデータ活用スキルが求められるからです。
そこで、Google Analyticsの機能を拡張することで利用できるDMPのシステムに出番が回ってきます。
このDMPのシステムでは、Google Analyticsによって収集されたデータを自動的に解析して、アクセス解析に不慣れな人でもわかりやすいビジュアル的な解析結果として表示してくれます。
しかも、無料で導入できる拡張ツールとしての立場を取っているため、ウェブサイトを解析するために収集したアクセス解析のデータを簡単に活用できるのが特徴です。
DMPを検討するときには、高額な製品ばかりでなく簡単に導入できるこういったシステムを検討するのもひとつの考え方です。