• ビジネスシステムの革命

相手を特定する力

女性の手元

インターネットの特徴

DMPを利用することは、現代では主流となった広告手法の一つであるウェブマーケティングをより高いレベルで有用なものにするために欠かせません。
DMPがそのような効果を持つ理由は、インターネットの特徴と深く関わっています。
インターネットというツールは現代ではメディアの一つとして捉えられるようになってきているものですが、他のメディアとは全くタイプが違っています。
テレビやラジオ、新聞や雑誌などの各種メディアと明確に違うそのポイント、それは受け手側が自分で情報を収集するために利用できるという点と、匿名性が高いと同時に個人を特定できる要素もある、という点です。
受け手が情報収集のために利用できるインターネットにおいては、受け手の需要を満たすことができるウェブサイトを構築することができれば大きな効果が期待できます。
そして、インターネットを通して提供される情報はどのような相手に伝わっているかわからないと思われがちですが、ウェブサイトには閲覧者の足あとが残ります。
その足跡を解析して、どのような利用者がウェブサイトを閲覧したのかをチェックすることによってウェブサイトが閲覧者の需要を満たしているのかを知ることができます。
そうすれば、ウェブマーケティングの効果はさらに高いレベルに到達できることは間違いありません。
そこで、DMPというシステムが活躍します。
DMPは一言で言えば、相手の顔がわからないとされていたウェブサイトの伝播先が明確になる、相手の特定ができるシステムです。

クッキーなどの情報

DMPというシステムは、インターネットに接続した時のIDナンバーのように利用されるクッキーなどの情報から、ウェブサイトの利用者の姿を読み解いていきます。
クッキーから取得できる情報は、ウェブサイトのページ閲覧の記録や、検索行動の記録を代表として、多様に渡ります。
それらを解析して、あるクッキーの行動パターンを解析することができれば、その人物像を明らかにすることができます。
もちろん、それはクッキーの収集だけでは足りません。
DMPは、様々なインターネット利用者の人物像を蓄積していってデータベース化して、その蓄積されたデータからさらに、あるクッキーの行動に合致する人物像を見つけ出します。
データの蓄積と解析を同時に行うことで、ウェブサイト利用者の姿を明るみに出すのがDMPというシステムです。
今までは自分でアクセスログなどから想像するしかなかったことが、よりスムーズかつ具体的な人物像として明確になることで、ウェブサイトのターゲット設定がより簡単になります。