• ビジネスシステムの革命

成功へのポイント

ディスカッション

目的に合う製品

DMPを導入することによって、ウェブサイトを閲覧しているユーザー像を明白にすることができるのが特徴です。
ただし、そのユーザー像として収集できるデータにはシステムによって違いがあるため、DMPを選ぶときには慎重に選択をする必要があります。
そこで、DMPのシステム詳細を確認して、どのようなデータが収集できるのかを調べてからシステム選びをすることが欠かせません。
必要なデータが収集できるものを選ばなければ、DMPを導入した意味が小さくなってしまうからです。

自社データとの互換性

DMPのシステムを自前で確保する意味、そこにはウェブサイトを通して得た情報を解析するという目的以外の意味もあります。
それが、自社データとの互換性があることによって得られる、既存のデータとの紐付けによるパーソナリティの特定です。
例えば、自社ですでに運用している顧客管理システムのデータや、ログインする仕様になっているウェブサイトのユーザー情報とリンクできることは、DMPによって顧客の特定を行うことに大きく役立ちます。
これらのデータと、システムが集積したデータが紐付けられることで、ある明確な顧客のウェブサイト上の行動を検証して、もっと具体性のあるデータにすることができます。
顔は見えなくても、居住地や職業、年令や性別などの様々な既得情報とオンライン上での顧客行動が一致すれば、それは店頭で目の当たりにしているのと同じように顧客の行動と思考がわかる力になります。
それが、ウェブサイトという24時間営業していて、場合によっては自動的にクロージングを行なってくれる無人店舗でさらなる収益を獲得するために必要なものです。